サービス一覧

次世代シーケンス(NGS)受託解析サービス

検体もしくは次世代シークエンスデータをお預かりし、シークエンスから情報解析まで実施しています。お客様の研究内容に応じた各種統計手法・専用ツールを用いてデータ解析します。ウェット実験およびデータ解析の豊富な経験をもとに、実験デザインのご相談にもお応えしています。また、共同研究等も随時受け付中です。

  • 経験豊富な専門技術者がサンプル調製からデータ解析に至るお問い合わせまで直接対応
  • 生物学的意義を踏まえたデータ解析サービス(詳細はこちら
  • 論文、学会発表に使用できる各種グラフの作成まで一貫してサポート

 

シングルセルRNA-seq解析 | scRNA-seq解析     

シングルセルトランスクリプトーム解析(PolyA型RNA、従来型)
1細胞ごとに転写産物(ポリA型RNA)の種類と量を網羅的に推定します。各細胞の特徴的な遺伝子発現パターンを元に細胞集団をクラスタリングし、亜集団の特徴を抽出することが可能です。多数の細胞中に混在する少数細胞の発現プロファイルの変化も解析できます。

 

シングルセル完全長トータルRNA-seq解析 | RamDA-seq解析*1

シングルセルトランスクリプトーム解析(PolyA型 + Non-polyA型RNA)
1細胞ごとに、ポリA型および非ポリA型RNAの種類と量を網羅的に推定します。かつRNAの全長を捉えて推定することが可能です。各細胞の特徴的な発現パターンを元に細胞集団をクラスタリングし、亜集団における検体間のポリA型および非ポリA型RNA(lncRNAなど)量の変動を検出することが可能です。

 

RNA-seq解析     

トランスクリプトーム解析
転写産物の塩基配列を決定し、RNA断片の数から発現量を網羅的に推定します。マイクロアレイ法のように解析対象遺伝子を想定してプローブを用意する必要がなく、予想していなかったデータが得られます。また定量性にも優れています。

 

RIP-seq解析 | CLIP-seq解析

RNA免疫沈降シーケンス解析
RNAの特定タンパク質(RNA結合タンパク質)結合領域を網羅的に検出します。機能が明らかでないRNA結合タンパク質のターゲットを同定します。

 

ChIP-seq解析     

クロマチン免疫沈降シーケンス解析
クロマチン上の転写調節因子結合部位、ヒストン修飾部位、DNAメチル化部位を網羅的に、かつ高分解能で検出します。結合モチーフや結合部位近傍遺伝子を網羅的に解析できます。

 

ATAC-seq解析

オープンクロマチン領域解析
オープンクロマチンがトランスポゼース高感受性であることを利用して、オープンクロマチン領域を検出します。転写因子が結合して転写活性化している領域、もしくは転写因子が結合しやすい領域を網羅的に推定できます。

 

  • 他の解析についても対応可能です。ご不明な点はこちらよりご相談ください。

*1  理化学研究所の登録商標です。